より正確な撮影を、より簡単に

新・デジタル方式一般撮影システム”RADEX-i”を
導入しました。

システムコンソールにはX線高電圧装置とデジタル画像処理の操作部を一体化しました。

FPDの採用により、参照画像を即時表示できます。

X線管保持装置は、撮影台との上下運動や照射野サイズとの連動ができ、検査を効率よく進める事ができます。

線質補正フィルタで軟線をカットすることにより、被爆低減が図れます。

受診者氏名や、撮影実施結果の確認が撮影室内で行えるので、受診者の取り違えや取り忘れによる再撮影の低減が図れます。


Copyright (C) 2003-2007 nasuchuoh-hospital. All rights Reserved.