歯科用レーザー治療について
   今日、痛みがない麻酔を使わない治療、いわいる無麻酔無痛治療を望まれる方が増えてきています。この夢のような治療に対す可能性
  に最も近いと思われるのがレーザー治療ではないでしょうか。
  適応症
  初期の虫歯
     ほとんどの場合無麻酔無痛で行えますが複雑な形成を必要とする場合ドリルを使用しなければならないことがあります。
  虫歯予防
     レーザー照射とフッ素の兼用により虫歯の発生をおさえたり、初期の虫歯の進行を抑制します。
  歯周病(歯槽膿漏)
     歯石を取ったり、歯ぐきからの出血や歯周ポケットの切除(歯ぐきの切除)消毒が短時間で麻酔を使わずにできる。また歯ぐきが
     腫れた場合、切開をして膿を出すのも麻酔が必要ない。
  口内炎 
     口内炎の痛みが麻酔を使わずその場で消失する。
  歯茎などのデキモノの切除
     ほとんどの場合麻酔を使わず出血も無く切除が可能、しかも術後の化膿止めなどの薬が必要ない。
  歯ぐきの黒ずみの除去
     無麻酔または表面麻酔のみで歯ぐきの黒ずみ(メラニン)を除去できる。
  小帯異常
     短時間で出血も無く小帯の切除ができる。多少麻酔が必要となることがある。
  歯ぐきの整形
     無麻酔で親知らずにかぶさった歯ぐきや、審美治療で歯ぐきのラインを整形できる。
  止血
     歯を抜いた後の出血や歯肉炎による歯ぐきからの出血、その他すぐに止血が可能
  その他
     歯の根の病気や虫歯予防、知覚過敏や骨整形など
 歯科用レーザーの特徴
  従来の歯科治療との比較
  
  麻酔が必要ない(痛みがない)
  ドリルを使わない(不快な音を聞かなくてすむ)
  振動が無い
  安全性が高い
  正確である
     麻酔が必要ないということは、不快な思いや麻酔の痛み、恐怖を感じることが無いだけではなく、処置の時間を短縮できることにも
    なり、さらに体の病気の関係で麻酔の使用ができない方も痛みを感じることなく治療ができるということです。
     ただし全ての症例において無麻酔で処置が可能とは限りませんが、ほとんどの場合は問題ありません。歯を削るのにドリルを使わ
    ないので不快な音や振動を感じなくてすむだけではなく、歯にミクロの傷を作ることなく歯髄(歯の神経)にダメージを与えません。
     レーザーは切除と同時に止血や滅菌を行うため、糖尿病などで傷が化膿しやすい方や全身疾患や薬により血が止まりにくい方で
    も安心して治療をお受けいただけます。
Copyright (C) 2003-2005 nasuchuoh-hospital. All rights Reserved