POP画像01

実施報告

実施報告
当日は多くの方にご来場頂き、認知症講演会・認知症ミニ講演会・パネル展示・認知症サポートキャラバン紹介・セラピューティック・ケア実演ともに盛況のうちに終了いたしました。
会場までお運び頂きましたすべての方に厚く御礼申し上げます。

那須中央病院主催 第4回 地域医療交流会 実施にあたって

当院は、昭和57年5月『地域住民から愛され、信頼される病院に』を病院理念として開院し、平成24年には30周年を迎えることができました。
これもひとえに地域の皆様のご支援、ご配慮の賜物と深く感謝しております。
その感謝の意を込めて、地域医療交流会の実施致します。
第4回の地域医療交流会では、高齢化が進む現在、知らないでは済まされない状況となっている『認知症』を主題に講演会・パネル展示・冊子配布を行っていく予定です。

開催情報

とき:平成29年 3月 18日(土) 午後 4時00分(開場) 〜 午後 7時00分

   ●パネル展示    :午後 4時00分 〜 午後 7時00分
   ●認知症ミニ講演会 :午後 5時00分 〜 午後 5時30分
     講師:森あかね(那須中央病院 認知症看護認定看護師)
     『認知症のある人への理解』
   ●認知症講演会   :午後 5時30分 〜 午後 7時00分
     講師:大谷るみ子先生
     『まちでみんなで認知症の人をつつむ 〜共感と協働のまちづくり〜』

場所:那須野が原ハーモニーホール 小ホール
入場:無料
定員:400名(講演会・在宅医療ミニ講演会の定員)

講師紹介

大谷るみ子先生

大谷るみ子(おおたにるみこ)先生

現職  社会福祉法人東翔会 グループホームふぁみりえホーム長
大牟田市認知症ライフサポート研究会代表
NPO法人福岡県高齢者グループホーム協議会理事長

プロフィール
‘90医療法人東翔会東原整形外科病院看護部長。1996年より毎年デンマークへ福祉研修に赴く。‘98より6年間、デンマークフュン県社会保健介護士養成学校日本実習担当となる。‘01年より社会福祉法人東翔会グループホームふぁみりえホーム長。同年認知症ケア研究会(‘13認知症ライフサポート研究会と改称)設立し、代表となる。大牟田市と協働し人材育成、地域づくりに取組む。‘04よりはやめ南人情ネットワーク世話人として認知症SOSネットワークの構築に取組む。‘06年よりNPO法人福岡県高齢者グループホーム協議会理事長。‘07年日本認知症ケア学会読売認知症ケア奨励賞、‘08年NHKのプロフェッショナル仕事の流儀に出演。’13年より福岡県認知症施策推進会議副委員長。同年医療の質・安全学会第7回新しい医療のかたち賞受賞。‘14年西日本新聞「まちでみんなで認知症と生きる」連載(全33回)‘15より福岡県立大学大学院老年看護学研究科非常勤講師。
書籍:絵本「いつだって心は生きている〜大切なものを見つけよう」(中央法規)、デンマーク発痴呆介護ハンドブック〜介護にユーモアとファンタジーを〜 監訳(ミネルヴァ書房)
森あかね

森あかね

那須中央病院 認知症看護認定看護師

What's New

2017.1.11
『広報おおたわら』2月号にて掲載予定。

実施予定

認知症講演会

認知症講演会

講師:森大谷るみ子先生
講題:『まちでみんなで認知症の人をつつむ 〜共感と協働のまちづくり〜』

時間:17:30〜19:00

認知症講演会

パネル展示

認知症について、医療・介護に関わる 様々な題材のパネル展示を予定しております。



認知症ミニ講演会

認知症ミニ講演会

講師:森あかね
講題:『認知症のある人への理解』

時間:16:00〜17:30


福祉読本

地域医療・福祉読本配布

地域医療・福祉読本の配布を致します。
第3回まで毎回非常に大きな反響を頂いております『地域医療・福祉読本』を今回も無料配布いたします。


認知症ミニ講演会

認知症読本配布

認知症についての読本を配布致します。
今回初の試みとして保存版『認知症読本』を無料配布いたします。



認知症SupportCaravan

認知症サポートキャラバン紹介

このキャンペーンは、認知症を理解し認知症の人や家族を温かく見守り支援する「認知症サポーター」を一人でも増やし、認知症になっても安心して暮らせる町づくりを市民の手で展開していくものです。
全国キャラバン・メイト連絡協議会では、都道府県、市区町村など自治体規模の企業・団体等と協催で認知症サポーター養成講座の講師役(キャラバン・メイト)を要請しています。養成されたキャラバン・メイトは自治体事務局等と協働して「認知症サポーター養成講座」を開催します。
認知症サポーターとは、「認知症サポーター養成講座」を受けた人が「認知症サポーター」です。
このキャンペーンについて紹介いたします。

日本セラピューティック・ケア協会

セラピューティック・ケアの紹介

 セラピューティック・ケアは、英国赤十字社が確立した、オイルなどの薬剤や道具を使用せず、着衣の上から両手のぬくもりだけで行えるシンプル且つパワフルなケア法です。「オキシトニン」の分泌を促すことにより、施術をされる人のみならず、する人にも安らぎをもたらし、両者の間に強い信頼感を生じさせます。
 このケア法をご紹介し、協会の認定施設セラピストが実際に施術いたしますので、是非体験してみて下さい。

 

 

 

 

 

後援団体

以下の団体の方々に後援頂いております(敬称略・順不同)

大田原市
那須塩原市
矢板市
一般社団法人 那須郡医師会
一般社団法人 栃木県私的病院協会
公益社団法人 栃木県看護協会
一般社団法人 栃木県訪問看護ステーション協議会
栃木県医療社会事業協会
栃木県・大田原市ケアマネジャー協議会

各種紹介

開催日まで

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
             

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31